結婚相談所を料金で比較


結婚は絶対したい!けどお金はあまり使いたくない!とお考えの方
どんなサービスであれ、料金はしっかり確認してから使いたいとお思いの方は

下記の結婚相談所を利用するとかなりお得です。

結婚相談所を料金的に比較


結婚相談所は出会い系サイト等とちがい初期に数十万必要な所も珍しくありません。ただ逆を返せばそれなりに収入はある方だという事がわかりますし、会員の方はそれなりに社会的信用もある方という事です。ただ、そうは言っても料金がどの程度かかるのか?というのは気になるポイントだと思います。

結婚相談所は大きく分けて3つの項目があります。

  • 初期費用(一番最初払うに登録費用的なもの)
  • 月間費用(月間の利用費的なもの)
  • 成婚料(成婚に至ったらいくらというもの)
これらの項目別に比較して結婚相談所をご案内致します。また別途お見合い紹介料がかかる所もあります。料金は各サイトまちまちですので、詳細は各社のサイト等をご覧下さいませ。

※下表料金は結婚相談所により色々なコースがあり頻繁に変わる所もあります。あくまで参考程度に理解して、詳細は各社のサイトでご覧下さいませ。



データマッチング型は仲介に比べると料金はやや安価。自分から行動したい人向けになります。



仲介型はやはり出会い率が高い分、料金がやや高めになりますが本気度は高いですし、成婚率も高いです


【広告コラム】
続けることはむずかしい。途中で飽きてきて、投げ出したくなるときもある。でも、我慢が大事なときもある。すこし我慢をしてみると、前とは違った楽しみ方がわかってきたりする。ひとりの人と長くつきあうのはむずかしい。最初はとてもドキドキする相手でも、だんだん違う面が見えてきたりするから。そのときに、どれだけゆずりあえるか。どれだ相手の人を思えるか。わたしはわたしでありながら、我慢は我慢でしてみる。そういうことも大事。

気持ちをきりかえられないときは、行動を変えてみる。そうすると、気持ちが自然にきりかわっていく。だから元気になりたいときは、朝の過ごし方をすこし変えてみる。朝起きら、窓をぜんぶ開けてみる。空気を思いっきり吸う。ほんの1分、窓の外を眺めてみる。いつものコーヒーを、違うコーヒーにしてみる。生クリームをたっぷり入れて味わう。ほの1分、今日したいことを考えてみる。駅までの道、いつもと違う道を歩いてみる。はじめての道を歩く。ほんの1分、行きすぎる人たちを観察してみる。そういうことで、あたらしい発見がある。楽しみがふえる。あらしい気持ちになれる。そして、生きる元気がわいてくる。

失恋したばかりのときには、なかなか思い出をすてられない。思い出だけじゃない。あの人がつかっていた歯ブラシ。部屋に置いていったシャツ。買ってもらった指輪。そういうのはすてられない。そういうものたちが、元彼との架け橋になって、いつまでもいい記憶だけが残ってしまう。次の恋に進めない。別れてすぐに、ぜんぶをすてられないのは、仕がない。だけど、たくさん悲しんで、わりと普通に過ごせるようになったら、そういうものを、思いきって、ぜんぷすててみる。その方が、早く立ち直ることができる。次の恋にかうことができる。

好きな人とうまくいっているのに別れてしまったり。プロポーズされて断ったり。告白されても逃げたり。あえて、しあわせから遠ざかろうとしてしまうときがある。それは、心どこかで、わたしのしあわせはここまで、と境界線をひいてしまっているから。しあわせになりすぎると、もっと大きな悲しみがやってくるかもしれないと、恐れているからか。そういう考え方は、今までの環境や経験から、つくられたもの。大きな悲しみの経験があって、そこから抜け出せずにいるのかもしれない。だけど、ほんとうはしあわせに境界線んて、ない。しあわせになりたいという気持ちを、もういちどとりもどしたい。わたしのために、あの人のために。失恋願望はすててみる。

ふられたとき。どうしても、ふられた現実を認めたくないとき。あの人は、もしかしたら、まだ自分を好きかも…という幻想を抱いてしまう。この気持ちは、誰にでもある自然な持ち。だって、人は、願いと、起きたことが違うとき、願いを信じたくなる生き物だから。そのほうが苦しまなくてすむから。だけど、それを続けていると、失恋から立ち直れな。いつまでも、あの人のファンタジーから抜け出せなくなる。だから、こう思ってみる。「彼はいい男じゃなかったかも」。甘いブドウは美味しいけれど、すっぱいブドウなんいらない。悪い男もいらない。そう自分に言いきかせると、失恋の砂漠から、抜け出せるようになる。

不満を残したまま、恋が終わったとき。わたしは正しかったと思いたくて、相手のせいにしたくなる。「あの人のせい」。そう思うことで.すこし楽になれたりする。すこしならいけど、いきすぎると危険。相手を攻畷したくなる。そうなる前に、ふりかえってみる。この恋がダメになった責任は、誰にあるんだろうって°その人と恋をする、って決めたの、わたし。たとえ最終的に理想とは違っていたとしても。恋はひとりじゃできない。恋の経過と結果の寅任は、ふたりにある。だから貴任をおしつけない。わたしの爽任だと悩ない。たまたま、ふたりは離れただけ。どちらが、悪いわけでもない。