結婚相談所の仲介型はこの3つ


積極的に探す事に抵抗を感じる方
結婚相手選びの時間があまりない方は

下記のサイトを利用すると自分に合った探し方ができます。

あなたが草食系なら仲介型の結婚相談所から選んでください


★あまり自分から行動したくない草食系

1 仲介型がいいかと思います。コンシュルジゅなりアドバイザーに自分を意志を伝えて、後は受け身です。会う場所、時間、セッティングなどは仲介人がしてくれるところが多く、会ってしばらくは仲介人が居て、しばらくしたらその場を去るというスタイルの所が多いようです。(詳細は各結婚相談所にご確認下さい)ただ、仲介人が動くので費用はやや高くなります。

仲介型(仲介人が介在して(呼び名はコンシュルジュ、アドバイザー、サポーターと色々です。)男性と女性双方の意見を取り入れて、マッチングさせる方式です)

仲介型の結婚相談所で良い所、悪い所を比較する方法は、仲介人が顔写真付きでホームページでしっかり紹介されてるか?これがとても重要です。自信のない所は顔写真なんて掲載する事ができないからです。以下の3つはしっかり紹介されており、お勧めできる結婚相談所です。




【広告コラム】
好きな人とサヨナラするとき。好きな人とうまくいかないとき。今までにないようなさびしさを、誰でも経験します。せつなくて、どうしようもなく、二度とたちあがれないよう、そんな気持ちになります。でも、失恋も、つらい恋も、恋のひとつ。その恋のなかに、次の恋のヒントが、かくれています。悲しんだぷんだけ、やさしくなれる。誰にでも、あわせはやってくる。だから、あきらめないで、もういちど。恋するきっかけを、つかんでください。今を信じて、生きていけますように。明日はもっと、しあわせでありますしわせでありますように。

やさしさのカタチ。ぜんぶ、やさしさかもしれない 好きと言ってくれたのも、友達だよと言ってたのも、やさしさかもしれない。よく連絡をくれたのも、あまり連絡をくれなかったのも、やさしさもしれない。いろいろ話してくれたのも、なにも答えてくれなかったのも.やさしさかもしれない。泣いたら手をつないでくれたのも、泣いたら帰ってしまったのも、やさしさかしれない。部屋によんでくれたのも、今日はよんでくれなかったのも、やさしさかもしれない。帰らないでと言ったのも、今日は帰りなよと言ったのも、やさしさかもしれない。たくさんたくさん笑ったのも、ほんのすこしだけ怒ったのも、やさしさかもしれない。ぜんぶぜんぶ、やさしさだったのかもしれない。

暗闇をさまようような恋。そこから別の、明るい場所を求めて、サヨナラを告げるときがある。サヨナラと告げられるときもある。まるで夢から醒めたように。もしも、またひとになったとしても。ふたりで過ごしたときが、なくなるわけじゃない。好きになったこと。あたえあったやさしさ。それがなくなるわけじゃない。はじめはつらいけれど、きっとつか、ふりかえったときに、笑顔も涙も、いとおしく見えてくる。変わりゆくこと。変わらないこと。会いたい想い。もう会えないという想い。そういうすべて。これからの、わたしを、つくってくれるものだから。

未来へのイメージがわかなくて。ひとりになるのがこわくて。好きな人といるときに、涙がこぼれるときがある。
涙の量は、今まで我慢していた、悲しみの量なのかもしれない。今までの気持ちを伝えたくて、仕方ないのかもしれない。だけど。いつも、いつも泣いてばかりいると、そのう、涙の意味が伝わらなくなってしまう。また泣いているんだねって、それだけで終わってしまう。涙を見せるのは、たまにぐらいでいい。そしてその涙には、好きな人を貴める気持が、あっちゃいけない。せつなさは、せつなさのまま。好きな人に届けてみる。 過去と、未来と