結婚相談所で一年以内の成婚率で比較


早く結婚したい方
期間を決めて探したい方は

下記のサイトを利用すると効率よく探せます。

結婚相談所を一年以内の成婚率で比較してみます


「結婚相談所にはいるのだから一年以内には結婚したい!」こう思われる方も多くいらっしゃると思います。結婚相談所は決して安くありません。安くない金額をお支払するわけですから、そこで、人気の結婚相談所から源泉してお見合い実施率や成婚率で比較してみました。ホームページにしっかり掲載されているのも自信のあらわれだと思います。

やはり1年以内の結婚を目指すのであれば、データマッチング型より仲介型となるかと思います。

この3つの結婚相談所は仲介人(コンシュルジュ、アドバイザー)の評価が高い結婚相談所となります。お見合い実施率等が大きくサイトに書かれてるのは、この3つの結婚相談所ぐらいではないでしょうか?一年以内の結婚についても、かなりの実績があるようです。


これらの一年以内の結婚率が掲載されてるサイトに共通しているのは、仲介人(コンシュルジュ、アドバイザー)が顔写真付きでしっかり紹介されている所が多いです。仲介型の結婚相談所をお考えなら、その結婚相談所の仲介人がホームページ上では写真付きで紹介されてるか?どうか?は一つの判断基準になりますので、覚えておきましょう(仕事のできない仲介人ならホームページに顔写真なんか載せられないです。)


【広告恋愛コラム】
やさしさには、いろんなカタチがある。やさしさのカタチは、ふたりの関係や状況やいろいろのなかで、変わっていく。ゴムまりのように。どのカタチのやさしさも.ほんとうのさしさかもしれない。大好きなあの人の、言葉も、黙も、仕草も、行動も、ぜんぶぜんぷ、ほんとうのやさしさだったのだと、信じたい。大好きなあの人のほんとうのやさしさの側には、恋の欠片があったのだと、恋の欠片があったのだと、信じたい。

我慢して見えてくること。わたしが話すことや、すること。そのことで誰かを傷つけてしまうのではないか。そう思うあまりなにもできなくなるときがある。すこし前にサヨナラた人の悲しい顔や、涙を、思い出してしまって。そのときのことが、これからの、ぜんぷのことにあてはまるような気がしてしまって。でも、ほんとうは、そんなことはない。今でと違うことが、これから、たくさん起きるはずだ。一年以内につきあう人が変われば、過ごし方も変わってくる。話す内容も変わってくる。出かける場所も変わってくる。それに、わたし身が、毎日、すこしずつ、変わっているはず。身体も、心も、細胞も。前に誰かを傷つけたときとは、なにもかも変わっているはず。だから、空を仰ぐような気持ちで。また誰かを仰いでみたい。

おたがい、好きなのに。環境や、いろいろの理由で、別れることになったとしたら。それは、そのふたりが、そこまでの関係だったとも言える。どうしても、その人と一緒にいたと思わなかったのかもしれない。ふたりの、目指していることが違っていたのかもしれない。おたがいに、もっと大切なものがあったのかもしれない。でも、そういう理由は、どなふたりにも、多かれ少なかれある。その壁を、どうしてものりこえたいと思うかどうか。そういう思いが、ふたりの行き先を自然に決めていく。一年以内に実現したいことがあるとき。心まんなかに、一本の強い線のようなものがあれば、どんな壁にも、たちむかっていける。

やさしさからの嘘ならたまにはいいけれど。いつも嘘ばかりつかれると、嫌になる。信頼する気持ちが、ゆらいでしまう。その人が言っていることが、嘘かどうか、わからないとは。その人の素振りが、いつもと違わないかを観察してみる。手がそわそわしていないか。表情がいつもと違っていないか。話しているとき、言葉への反応が早すぎないか。いつより無□だったり、やたらとおしやぺりだったり、説明ばかり多くはないか。そうやって観察したり、その人に確認したりしてみて、あまりに嘘が多いようなら、すこし距離をとてみる。その人は、自分では嘘ではないと思っているのかもしれない。気楽で、罪悪感を、感じていないのかもしれない。でも、ひどい嘘があまり多かったら。その嘘で苦しみそなら。そういう人には近づかない。

好きな人からサヨナラを言われたとき。それでも、一年以内にもういちど会いたいとき。どうしても、あきらめきれないなら、もういちどだけ連絡をしてみる。だけどそのとき、忘れてはいないのは、サヨナラを言われたという事実。サヨナラを言うときには、その人なりの理由がある。好きではなくなったとか。好きだけど、これ以上つきあうのは苦しいとか。だか、あまり無理なことをお願いするのは、その人の気持ちを大切にしていないことになる。わたしがあきらめきれないのは、わたしの気持ち。その人がサヨナラしたいのは、そのの気持ち。そこにクロスするものがないなら、もう、それ以上、追わない。おたがいの気持ちを、ほんとうに大事にしたいから。